生産国

おやつとしても使用できるキャットフード

獣医に相談したり、愛猫の年齢や体格を考慮して食べさせているキャットフードなら、栄養バランスが総合的に取れています。
栄養面だけで言えば、人間の赤ちゃんのようにおやつを食べさせる必要は特別ありません。
しかし、「おやつ用キャットフード」として売られているような商品は、猫が喜ぶような、猫にとって美味しいと思える物がほとんどです。

栄養面で必要ありませんが、猫と遊ぶ、猫と仲良くなるためにはなかなか重要です。
愛猫も、いつもと味の違うおやつは喜んで食べますし、また、その姿は愛らしいものです。
猫ちゃんの健康を害さないように、時々少量だけ与えるようにしましょう。
そしてたくさん可愛がってください。

ただ、人間のおやつの中でも猫が欲しがる物があります。
可愛い猫が欲しがるからといって、つい何でも食べさせてしまう人がいますが、これは絶対にやめてください。
人間の食べ物を食べた結果、猫が病気になって苦しむ事になる場合があります。
人間のおやつと猫のおやつは全く違うのです。
ミルクでも人間が飲むのとは違い、猫用が販売されています。

可愛い猫におやつをあげたい気持ちはよくわかります。
出来れば健康診断時等に、獣医に相談しましょう。
愛猫に適したおやつとしてのキャットフードはどれが良いか、その量はどれくらいか等のアドバイスを参考にして食べさせるようにする事が猫の健康を維持する秘訣です。