生産国

野菜入りキャットフードのメリット

猫は本来完全な肉食です。
ですので、特別野菜は必要ありません。
しかし、野生の猫と違って完全に室内で過ごす猫はミネラルや食物繊維を摂る機会がありません。

肉食の猫ですが、微量な食物繊維は必要不可欠です。
そのために手作りキャットフードで野菜を食べさせたりする場合がありますが、間違えると消化不良を起こしてお腹が張ったり、不要な嘔吐をしてしまったり、ひどい時にはお腹の中で消化出来なかった野菜が発酵してしまうという危険があります。
専門的な知識がないまま野菜を食べさせる事はやめましょう

室内で過ごす猫に食物繊維を摂らせるには、野菜入りキャットフードがおすすめです。
野菜入りキャットフードのメリットは、消化に負担がかからないで必要な食物繊維やミネラルが摂取出来る所にあります。

自己流で食物繊維を摂らせると、便秘や下痢になって重篤な病気の引き金になる心配もあります。
その点も野菜入りキャットフードなら安心です。
一回分の量をきちんと守り、食べさせ過ぎなければ必要量の食物繊維が摂取出来ます。
多くも少なくも無く、丁度良い量が摂れるという所にメリットがあります。

野良猫は自分で本能的に必要なものを食べる事が出来ますが、飼い猫は違います。
低カロリーのキャットフードについても参考にしましょう。
飼い主が猫の健康状態に敏感になって、きちんと健康管理をしてあげましょう