生産国

ウェットタイプのキャットフード

人間でも食べられるのではないか?と思えるほど美味しそうなキャットフードがあります。
シーチキンのようなウエットタイプのものです。

これは、カロリーも高く、水分や脂肪分も多く含まれるため、猫も喜んで食べます
子猫や老猫など、歯が弱い時期にはとても適しています。

そして、ウエットタイプのキャットフードは少量ずつの個包装になっているのと密閉度が高いので衛生的です。
ただし、水分が多いので、一度開けたらきちんと保管しないとカビが生えたり酸化が進んだりするので注意が必要です。

また、ウエットタイプの餌ばかり与えていると、ドライタイプのカリカリの餌を猫が好まなくなる場合があります。
しかし、柔らかいものばかり食べていると顎の力が弱ってしまったり、歯石が溜まってしまったりという傾向にありますので、ウエットタイプのものばかり与えず、上手にバランスを取る事が必要不可欠です。
ついつい美味しそうなキャットフードを食べている姿を見ると、喜ぶ方をあげたくなりますが、そこは気をつけてください。

愛猫の健康は飼い主が握っています。
人気の猫缶ばかりでなく、栄養面や健康面を考えて、バランスの取れたキャットフードを食べさせてください。
結果、それが健康で長生きの秘訣になり、日々可愛い姿を見せてくれる事に繋がります。

高齢猫のためのキャットフードも参考にしましょう。