生産国

キャットフードの適正年齢に関して

例外もありますが、人間の赤ちゃんは生まれてすぐに産婦人科等で体重を量り、その体重増加に合わせて一日に必要な母乳量やミルク量を検討します。
そして、体重増加や月齢に合わせた食事に徐々に変化させて行きます。
同じように、生まれたばかりの猫http://www.librarydesigns.com/kiton.htmlも最初は母乳から始まり、だんだんと固形食に変化させていくのです。

キャットフードには適正年齢の表示があります。
だいたい生後3週間ほどを目安に柔らかめのキャットフードを少しずつ与えて行くことになります。

成長とともに適正年齢に合ったキャットフードを準備しましょう。
適正年齢には、消化の事を考え胃の負担を減らしたりする役割もありますし、その年齢に応じた必要な栄養素が含まれていますので、赤ちゃん猫に成猫の餌をあげたり老猫用の餌をあげたりするのは、なるべくなら避けたいものです。

適正年齢とは必要であるから表示されているので、出来るだけ守りましょう。
しかし、栄養過多での太り過ぎは病気の最大の原因になる事がありますので注意が必要です。
適正年齢に従って、適正な量をあげていたのに太っているのなら、肥満防止食に切り替える必要が出て来ます。
予防接種の必要もありますので、かかりつけ医を見つけて定期的な健康診断をしてもらうのが猫の健康にとって重要になります。