生産国

ネコが好きなキャットフード

動物は本能的な場合を除いて、本来食べ物に好き嫌いがあるわけではないそうです。
しかし、猫は犬と違って好き嫌いがはっきりしている生き物だと言われています。
それは何故でしょうか?

はっきりした正確な事はわかりませんが、猫の食べ物に対する好き嫌いは飼い主が作るのだそうです。
いくつかの種類のキャットフードが目の前にある場合、味覚が鈍感な猫でもやはり美味しいと思う方を好んで食べるようです。

種類や性格にもよりますが、傾向的に見てみると、猫はドライタイプよりもウエットタイプのキャットフードを好む傾向にあります。
水分もたっぷり含まれていて、柔らかく食べ易い美味しい匂いのする猫缶は、どの猫も喜んで食べると言われています。

これは本来完全肉食である猫の本能なのかもしれません。
一般的に、カリカリは苦手だという猫の話をよく聞く事があります。
これに関しては、諸説あるようですが、ドライタイプのものに猫には不必要な穀物が混ぜられている場合に食べないパターンがあるようで、カリカリ自体が苦手なわけではないようです。

また、日本では猫と言えば魚を加えるというイメージが今も定着していますが、実は肉の方が本能的に好みの用で、お肉を利用したキャットフードhttp://www.snrpetsupplies.com/09.htmlも猫は好きなのです。
ただし、猫が喜ぶようにと人工的な香りや着色料を添付してある餌もありますので注意してください。
また、わがままな猫はお皿からキャットフードを食べないこともありますが、そういったときはキャットフードをコロコロ変えないことです。