生産国

無添加のキャットフード

食事にこだわりのある人は、キャットフードの添加物も気になる所でしょう。
よく売れていて、専門家がすすめるペットフードの中にも添加物がたくさん含まれている場合があります。
添加物が全て悪いわけではありませんし、その添加物によって総合的な栄養バランスが取れている場合もたくさんあります。

しかし、ペットフードの安全基準は世界統一ではなく、国によって様々です。
日本で使用出来る添加物の中にも、ペット先進国と言われている国では使用禁止になっている物もあるくらい違いがあるのです。

愛猫にも出来るだけ自然の物を食べさせたいという方は、無添加のキャットフードがおすすめです。
サプリメントや香りの粉、保存料や着色料などの余計な物は一切入っていない無添加のキャットフードは、新鮮な肉や魚類をフリーズドライ方式で加工しています。
国産のかつお節を削っただけの、おやつとしてのキャットフードもありますし、ニュージーランド産のカンガルー肉をフリーズドライした物もあります。

ペットフードに対して厳しい基準を設けている国のキャットフードは、国内産の物よりも安心して食べさせられるものもたくさんありますので、内容物の表示はきちんと確認して購入しましょう。
無添加の物は製造工程に手間ひまがかかっていますので、割高になりますが、愛猫の健康を考えると選びたい商品のひとつです。