生産国

目的食のキャットフードについて

日常の主食とは別に、猫には「目的食」を与える事があります。
目的食とは文字通り、目的をもった食事の事です。
キャットフードで言うと毛玉を吐き出させるための食事、カルシウムを補うための食事、食物繊維を摂取するための食事などがあります。

また、病院等で紹介される療養食も目的食のひとつです。
腎臓の治療のためや太り過ぎの猫のためのダイエット食等も目的食と言えるでしょう。
そういう目的の他にも、猫の気を引くための目的食もあります。

栄養や健康面を考えて、日頃はカリカリのドライフードである総合栄養食を食べさせている場合も、時々目的食を与える事があります。
これは食欲が落ちた猫に食欲を戻させるためにササミ等のキャットフードをあげてみたり、猫とコミュニケーションを取るのために有効です。
愛猫の年齢や健康状態になったものを日常食にして、時々目的食として違うキャットフードを与えてください。

ただし、療養のための目的食http://www.psfn.org/ryouhousyoku.htmlは自己判断しないでくさい。
ダイエット食が良いと与え始めても、実はそれが病気を悪化させる原因だったというパターンもあります。
そういう目的の場合は必ず医師に判断を仰いでから、適切なキャットフードを食べさせる事が重要です。