生産国

キャットフードの種類で危険な物

キャットフードに入れられるものの安全基準は国によって差があります。
出来れば安全基準の厳しい国のキャットフードを選ぶようにしたいものです。
人間の食事に関する安全基準は日本がトップクラスでありますが、ペットフードに関してはそうではありません。

近年安全基準が設けられ、随分安心出来るものが増えましたが、やはりアメリカ等の基準にくらべると緩いものとなっています。
現在、キャットフードに入れられている物質は、添加物も含めて細かく成分表示をするように義務付けられています。

しかし、それを読んだところで、果たしてそれがどんな成分なのか正しく判断出来るでしょうか?
愛猫の日頃の健康状態は飼い主で決まります。
人間と同様に食生活は猫の体作りに大きく影響します。
猫を守るためにも経験な成分は把握しておく事が重要です。

まず、肉食動物の猫には穀物は不要のものです。
危険とまでは言えませんが、猫の内蔵では穀物類を上手に消化出来ません。

成分に穀物が含まれていないものを選ぶようにしましょう。
次に、添加物は猫にとって不要なものばかりです。
出来るだけ無添加のものを選べると良いでしょう。

それから一番注意が必要で、危険だと言えるのは、原材料です。
どんなに表示がきちんと義務付けされていても、病気や事故で死んだ動物の肉を使ってしまう業者がいます。
これは残念ながら原材料や成分表示を見ただけではわからないのです。

出来るだけ危険を避けるためには、ペットのモラルの高い国のものを選ぶ事、また厳しい安全基準をクリアしたものを選ぶ事、無添加のキャットフードを選ぶ事などがフードに入った危険なものを避ける秘訣となります。
しっかり勉強して、たくさんの種類のキャットフードから危険なものを選ばぬようにしましょう。