生産国

獣医が勧める食事療法に関して

動物にも生活習慣病のような病気があります。
猫にも、糖尿病や肝臓・腎臓の疾患等がありますので、日々の食事はとても大切になってきます。
若くて健康な猫なら、美味しそうな高カロリーキャットフードを与えても大丈夫かもしれませんが、高齢になると様々な病気にかかるかもしれません。

そんな心配を出来るだけしなくて済むように、若猫の頃から健康的な食生活の管理をしてあげる事が飼い主のつとめではないでしょうか。
美味しそうにご飯を食べる猫に、好きなだけ、欲しがる分だけ与えたくなる気持ちはわからなくはありませんが、それは結果的に愛猫を苦しめる事になりかねません。
人間が食べる様なものを可哀想だからと食べさせる人がいますが、これも猫にとっては良い事にはならないのです。

自己満足はやめて、なるべく健やかな生活を長く続けられるように管理してあげる事が本当の優しさだと言えるでしょう。
まずはかかりつけの動物病院を近所につくり、そこで獣医が勧める食事をさせる事が最善です。
猫は年齢に寄っても体重に寄っても適したキャットフードは違います。
市販の物に比べると、少々値が張る場合もありますが、患者の年齢や体調にあった餌を教えてもらえますし、定期的な健康診断にもなります。

肥満気味の猫には少量で満腹感が得られるキャットフードhttp://cafebona.jp/himannyobou.htmlを、肝臓や消化器が弱っている猫にはその治療に役立つようなキャットフードを紹介してもらえます。
餌はころころ変えずに、それでいて必要な栄養価の高い獣医お勧めの食事を定量与える事で、可愛い愛猫の健康が長く維持出来る事になるのです。