生産国

肥満予防とキャットフードに関して

同じキャットフードでもカリカリタイプやしっとりタイプ、1回分ずつ缶に入っているものや計量カップで量ってキャットフードを食べさせるものなど様々です。

飼い始めはついつい可愛くて、欲しがる時に餌を与えてしまいがちですが、それはとても危険です。
高カロリーの餌を好きなだけ食べた猫は、高い割合で肥満になります。
肥満になると、様々な病気のリスクが増えてしまいます。
まして、自分で「具合が悪い」とは伝えられない動物は、気付いたら手遅れだというパターンも少なからずあるのです。

そうならないためにも、猫が小さい頃から肥満予防をしておきましょう。
肥満を予防するだけで、病気のリスクがかなり減る事になります。

ほとんどの病気は急になるわけではありません。
日頃の生活習慣が大きく影響する事もあるのです。
大切な家族である猫ちゃんに長生きしてもらえるように、肥満は予防しましょう。

動物の場合、太りすぎてしまってからではなかなか体重は落ちません。
日頃から運動をさせるような部屋の工夫をしたり、出来ればキャットウォークのような運動になる場所を作りましょう。

それから、肥満の予防のため食事も気を付ける事です。
愛猫の好きなキャットフードhttp://xn--nck1bpe3d4d0i.ws/3.htmlの中で、バランスの良い栄養素を含んだものを見つけましょう。
本やインターネットで調べると、どういう餌が良かったか等の情報も得易くなります。

そして、猫の体重にあった分量をきちんと量って食べさせましょう。
サービスのつもりで少し多めにあげてしまうと、それが積み重なりやがて肥満ラインに近づきます。
食べ過ぎないように管理してあげる事が、猫のためになります。