生産国

キャットフードの配合量に関して

日本人の主食と言えばご飯です。
猫にとってのご飯と言えば、キャットフードです。
キャットフードには様々な栄養素が含まれていて、人間がご飯とおかずで栄養を摂るように、猫もご飯としての肉や魚、それに加えたおかずとしての栄養素が入っているものがあります。
ですから、猫はご飯(キャットフード)だけ食べていても栄養の偏りなく成長する事が出来るのです。

成長期の猫はたくさんのカロリーが必要となります。
ですから少々多めのカロリーを摂ったとしても問題はありません。
しかし、成長が止まった大人の猫は、必要以上のカロリーを摂り過ぎると肥満になります。
猫の肥満は様々な病気の危険信号です。

必要とされるカロリーは80カロリー×猫の体重だと言われています。
動物病院等で健康診断を受けると、この猫は3kgくらいがベスト体重です等と教えてもらえます。
そのベストを大きく越えるようになったら、元の体重に戻すのはなかなか困難です。
成猫になったら、体重管理をしっかりしてあげましょう。
通常・フご飯にダイエットフード等を配合して、量は同等食べられるけどカロリーは必要な分だけという方法を取れば、猫もお腹がすいてストレスが溜まる事なく過ごせます。
ベストなご飯の配合量がわからない場合は、一度ペットショップ等の専門家に相談すると良いでしょう。