生産国

キャットフードと併用する栄養食

人間がお米やパン等を主食と捉えるとうに、猫にとっても主食の存在があります。
キャットフードですから、どれも主食だろうと考えられがちですが、そうではありません。
まずは愛猫が日常的に食べる主食を決めてあげる事が必要です。

理想的なのは、総合栄養食と表示されたドライフードです。
ドライフードのメリットは、保存期間が長い事です。
きちんと密閉していれば、酸化も比較的長期間防ぐ事が出来ます。
留守にする場合も、多めに入れておく事が出来ます。

ドライフードの中で、総合栄養食と表示されたものには猫にとって必要な栄養分が入れられていますので、だいたいの健康管理が可能です。
キャットフードには保存が出来るように酸化防止剤などの添加物が入れられているものもあります。
これは猫にとっては必要のないものですので、気になる方は無添加のものを選ぶと良いでしょう。

総合栄養食であるキャットフードだけだとカロリー過多になる場合は、一般食を日常食にして補助食として栄養食を食べさせましょう。
カルシウムやビタミン摂取が目的の栄養食や、食物繊維の摂取が目的の栄養食などもありますので、ペットショップや獣医師に相談するなどして通常のキャットフードと一緒に使える、家の猫に合った栄養食を選ぶようにすると安心です。