生産国

安全なキャットフードの基準

日本はまだまだペットに関しては後進国だと言われています。
アメリカやドイツ等のペット先進国と言われる国に比べて、安全基準が制定されたのも遅いですし、細かい決まりも先進国に比べるとまだまだ緩いのが現状です。

日本ではペットフード公正取引協議会という所が、ペットフードの成分表示を義務付け、安心して選べる物かどうかを取り締まっています。
何用のフードなのか、その目的はおやつか主食か、1回に与える量はどのくらいか、賞味期限や製造年月日はいつか、内容量はどれだけか、成分は何が入っているか、原材料は何を使っているか、原産国は何処なのか、事業者は誰なのかという内容の表示を義務としました。

当然、この基準に見合わないキャットフードは安全なものだとは言えません。

数えきれないほどのメーカーがたくさんの種類のペットフードを出しています。
キャットフードとドッグフードは似たようなものだと思われている方も多くいるようですが、猫と犬では消化の仕組み等も違うのです。
まずはきちんと協議会が決めた表示がされているか確認して購入しましょう。

その中でも原産国http://www.catbeds-4less.com/seisannkoku.htmlには注意して購入しましょう。
原産国のペット安全基準が設けられていない、または緩いものだったりすると、猫の体には負担となる材料や添加物が多く使われている場合もあります。

可愛いペットを守るためです。
飼い主もきちんとした知識を身につけて、より良いキャットフードを選んでください。