生産国

キャットフードの安全基準に関して

意外なことに、日本はペットの安全基準がそう厳しくはなく、数年前まではペットの餌に対しても細かい事は何も決っていませんでした。
日本はたくさんのペットショップがあり、動物病院等も多くありますが、まだまだペット先進国とは言えないのが現状です。
以前に中国産の原材料を使ったペットフードで、大量の動物に健康被害が確認されるという事件がありました。

その後、日本でも安全基準の見直しがされ、平成21年に通称「ペットフード安全法」と呼ばれる愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律が制定されました。
それ以降、日本国内のキャットフードでも制定された安全基準に見合わないものは製造が出来なくなり、随分と猫の食の環境が変化しています。
原産国や原材料、賞味期限や一回に適した食事量等の表示がされるようになり、安心できるキャットフード選びが出来るようになりました。

国産が良いわけではありませんが、信用のおけるお店で、安全基準をしっかりクリアしたキャットフードを選ぶ事が必要です。
また、ペット先進国と呼ばれる国の安全基準は、日本よりも遥かに厳しく、日本では使われている材料も、ドイツやアメリカでは使えないようになっている場合もあります。
国産のものも外国産のものも、猫に合った安全なフード選びをしましょう。